本音トーク
お客様もスタッフも、
満足できるお店でありたい。
N.Tさん
N.Tさん
店舗スタッフ
インタビュー
お仕事について教えてください。
いろんな接客の仕事を経験し、
人見知りだった私がリーダーに。
前職も同じクリーニング店の受付でした。その前は飲食業や販売など。実は人見知りを克服したかったことが接客に挑戦したきっかけ。いろいろな仕事を経験して、クリーニングの受付の仕事に「ハマった」という感じですね。所属しているなんばCITY店は1号店と2号店があり、2号店は2019年4月にオープンしました。スタッフは2名体制で、私は両方のお店で勤務しています。みんなに支えてもらって、2019年8月にサブリーダーに、11月にリーダーに昇格しました。名札に役職がつくようになって、お客様から求められることが多くなったように思います。
あの日のお客様の笑顔が、
今のやる気につながっています。
以前、汗ジミなどで変色した白色の服をお持ちくださったお客様がいました。「これ、きれいになるかな」と正直不安だったものの、お客様の要望を聞き、工場にそのことを伝えました。お洋服の受け渡し日、そのお客様がおっしゃった「想像以上にきれいになっている!これならまた着られるわ!」という言葉が今も忘れられません。この出来事があってから、受付は、ただお洋服をお預かりしてお渡しするだけの仕事ではない、せっかくノムラを選んでくださったのだからその期待に応えたいとの想いが強くなりました。
受付にしかできない仕事がある。
それを100%の力でやりたい。
クリーニングの仕事は、店舗スタッフ、工場スタッフ、配送スタッフなど、たくさんの仲間で成り立っています。その中でお客様と直接お会いし、「シミを取りたい」「シワを伸ばしたい」といったご要望を聞けるのは私たち受付スタッフだけなのです。お客様に「ここまでできました」と自信を持って言えるよう、お洋服への思い入れにどうすればお応えできるかをいつも考えています。それが、お帰りの際に「ありがとう」「また来るね」との言葉につながる。そう信じています。
スタッフが笑顔だと、
お客様もきっと笑顔になれると思います。
リーダーになって、まず2人のサブリーダーと「できることから始めよう」と動き始めています。たとえば、新人スタッフがタグの取り付けを間違ったら私たちがそれに気づいて修正したり、商品が行方不明にならないようにチェックを2重、3重にしたり。「基本」に立ち返ることで、お客様にまた選んでいただけるお店になるんじゃないかと思っています。またスタッフにとって働きやすいお店づくりにも力を入れるようになりました。今よりもっといいお店にすることが私の目標です。
新しい仲間へ、メッセージをお願いします。
N.Tさん
どの店舗もスタッフ同士の仲が良く、わからないことも気軽に聞ける雰囲気です。休みたい日があれば「私ここ入るね」「ここ代わるね」と、お互いにサポートし合っています。上司も「最近どう?」と気軽に声をかけてくれて、シフトについてもちゃんと相談に乗ってくれます。授業と上手に両立しながら働いている学生スタッフも活躍中です。とても働きやすいので、ぜひ応募してください!
一日の流れ
9:50
出勤。すでに出勤しているスタッフと一緒に作業に入ります。
10:00
即日仕上げの締め切り時間。お預かりした商品をまとめ、出荷準備をします。
11:00
ルート配送スタッフに商品を渡します。
11:30
接客をしながらタグ付けや、工場からの電話に対応します。
12:00
交替でお昼ごはんを食べます。
16:00
接客をしながら洗いあがって納品された商品をチェック。
18:30
お客様に即日仕上げの商品をお渡しします。
21:00
閉店作業をし、退勤します。
N.Tさん
N.Tさん
店舗スタッフ / 2014年10月入社
リーダーとなり、受付の仕事に高い意識で取り組むも、昇格したのは「みんなのおかげ」「勤続年数が長かったから」ととても謙虚。熱い想いの中にある、人を思いやる優しさが接客にも結び付き、「ノムラファン」を増やしている。通勤時間は30~40分。少し長めだが「それでもノムラがいい」と話す姿は、お客様にも負けないほどの「ノムラファン」だ。
店舗受付の募集を見る
取材日:2019.12
一覧へ戻る
同職種の
求人検索
随時アルバイト募集中
店舗・工場などで活躍してくれる仲間を募集中です。心を晴れやかな気持ちにしてくれる「清潔さ」をわたしたちと一緒にお届けしませんか?