本音トーク
地域のお客様との繋がりを育みながら、
個性を活かし接客スキルを磨いています。
A.Yさん
A.Yさん
靭本町店
インタビュー
お仕事について教えてください。
憧れから始めた仕事でしたが、
接客の奥深さを知り、より興味を持ちました。
ずっと飲食店で勤めていましたが、同じ接客でもフロントの受付業務はどういうものだろうと興味を抱き転職をしました。実際にやってみると単純な接客だけの仕事ではないことがわかり驚く毎日です。例えば、受付時に検品をしますが、素材やブランドの知識がないとお客様の前で瞬時に見極めることができません。研修で基礎から学び専門知識が深まるたびにクリーニングの奥深さを知りました。いま、プロとしてやりがいを感じています。
制服に腕を通したときの喜びは、
いまも忘れられません。
店舗スタッフが着ている制服は、実はノムラクリーニングのプロの証。社内試験にパスしたスタッフだけが着ることを許されます。新人時代は研修で専門知識を学びながら、胸に「研修中」の名札をつけ、エプロン姿で接客をしていました。でも、お客様の前では新人もベテランもなく、プロとして応対します。最初は失敗しないかと緊張の連続でした。だからこそ制服をもらったとき、頑張りを評価してもらえたことがうれしかったです。
共に成長を喜んでくださるお客様と、
ずっと繋がっている喜びがあります。
制服を着て仕事ができるようになったとき「よかったね」と一緒に喜んでくださるお客様がたくさんいました。地域に密着したノムラクリーニングは、お客様との距離が近く、会話を楽しみながら自分の個性を活かして働くことができます。いまは研修生の指導も担当するようになりましたが、私の新人時代を知る常連の方がくると会話が弾みます。「もう慣れた?」と励ましていただいたころを思い出し、お客様との繋がりを強く感じます。
会社の顔であるフロントとして
おもてなしの心を大切にしています。
受付業務に携わる店舗スタッフは会社の顔といえるポジションです。おもてなしの心を大切に、にこやかな接客を心がけています。靱本町店にはモバイルロッカーが設置されていて、引き取り時に受付を通さずにロッカーで受け取ることができます。営業時間外や混雑時に便利なサービスですが、営業時間内に利用される方は少なく、多くのお客様が受付で話されて笑顔で帰っていかれます。「また来たい」と思っていただける接客が目標です。
新しい仲間へ、メッセージをお願いします。
A.Yさん
お客様と接する仕事にはマニュアルがつきものです。でも、私はマニュアルに頼り過ぎないで、自然体で接客をするのが一番だと考えています。そういう意味で営業スマイルという言葉は好きではありません。笑顔はお客様が自然と引き出してくれるものです。そう考えて日々接客をしています。経験や知識よりも、やる気や意欲、目標をもつことが大切です。これからも「作らない自然な接客」をモットーに仕事をしていきたいと考えています。
一日の流れ
7:30
出勤後、店舗内をみんなで掃除。レジのお金を確認し、開店準備をする。
8:00オープン。
受付台に立ちお客様をお迎え。ピークは即日仕上げの受付締め切時間。
11:00
チームワークで手際よく作業を進め、即日仕上げの商品を出荷。
12:00
お昼休憩でリフレッシュ。外食することもあるが、店舗内で仲間と食べることも。
13:00
受付業務と事務業務。お客様がいないときは備品の整理。
16:30
即日仕上げの商品が入荷。引き取り時間18:00までに入荷チェック。退社。
A.Yさん
A.Yさん
靭本町店 / 2014年入社
未経験からスタートして2年、フルタイム勤務の店舗スタッフとして経験を重ね、現在は研修生の指導をするポジションも担う。会社員の方からご近所の主婦の方まで幅広いお客様がくる店舗で、お客様からもスタッフからも「頼れる看板娘」と慕われる。店舗の中心的な存在となり店を盛り立てながら、自分の持ち味を大切に、接客スキルを磨く。服を選ぶときは「デザインよりも洗濯表示を真っ先にチェックします」と話す彼女はクリーニングのプロとして高い意識を持つ。
店舗受付の募集を見る
取材日:2016.1.21
一覧へ戻る
同職種の
求人検索
随時アルバイト募集中
店舗・工場などで活躍してくれる仲間を募集中です。心を晴れやかな気持ちにしてくれる「清潔さ」をわたしたちと一緒にお届けしませんか?